平成ポケノベ文合せ 投票所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年冬企画投票所

 こちらはPOKENOVEL2011年冬企画ブログ投票所です。
 投票前に今一度以下の注意点をお読みください。


・作品投稿された方は必ずこちらをご利用ください。

・投票はお一人様につき一回のみです。

・全作品から優れている順に金賞、銀賞、銅賞を選んでください。なお、銅賞のみ三作品選択できます。

・金賞3点、銀賞2点、銅賞1点として加算いたします。

・必ず普段使用しているHNで投票してください。

・作品投稿した方は仮面HNを使用したか否かにかかわらず、ご自身の作品がどれかを申告してください。

・投票した作品には必ず投票理由をお付けください。

・ブログ投票はアンケート投票より優先度が高いので、ブログ投票した後アンケート投票しても無効票になります。また先にアンケート投票をしても後からブログ投票した場合もアンケート投票は無効票となります。


以下投稿テンプレート()
#####################################################
名前:
自作品タイトル:「」

 --投票作品--
金賞:
銀賞:
銅賞1:
銅賞2:
銅賞3:

 --投票理由--
金賞:
銀賞:
銅賞1:
銅賞2:
銅賞3:

 --自由感想欄--
(他の作品の感想や企画自体への感想などをご自由にどうぞ)

#####################################################
テンプレートここまで

投票は当記事のコメント欄からお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/09(水) 23:33:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
<<2011年春企画ブログ投票所 | ホーム |

コメント

冬感想

☆今回は思った事を本当に思った通りに書いております。なので勝手に傷つかれても困りますのでそういう方は読まない方がいいです。
 ……って言っても読むんでしょ! 仕方ないなあ///

>>1リフレイン【あの日に戻れたら】
  Aコース  by紅蓮

 上手いなあと思います。だが、アイデアが平凡過ぎてひねり要素がそんなにない。被った被った言ってたけどこれは被ります。でも先に投稿した点、アドバンテージ。
 タイトルが直球だったのは好きです。真正面から来る感じすごい評価したい。でも若干気になったポイントが二つ。
>>過去にも未来にも飛べる時計、そんな夢の様な時計が何故か俺の手に握られている。
 過去に行けたという点から過去にいけることは分かったが、未来にいける確証はないよね。かと思えばこの後に
>>「この時計で過去に戻れる。恐らくは未来にもだ。お前が経験した事はこれを使えば無かった事に出来る。
 え、恐らくなの? どっちなの?
 そして一番気になったのが、静司が時計を組み立てて「あの場所」に置いたのはいいとしても、時計が昔の5月7日に勝手に戻っちゃうの?(ここについては本人から説明を受けたもののその説明でも矛盾というかループが発生してしまう)
 良い感じで流れて行ったのに最後の最後でちょっと詰まって勿体ない気がした。

>>2ミステリーサークル
  Aコース  byRと名の付く勇者

 序盤の流れまではとても面白かったし、引きこまれた。後半も引きこまれたのは引きこまれたんだけどあんまりしっくりしない終わり方になってた。
 え? なにその終わり方? っていう感じで、読了したあとがすっきりしなかった。
 なんというか、流れは綺麗なんだけども話のスケールが小さいような気がする。
 ミステリーサークル見たいから生き延びれたのに結局見れずに消えてしまうっていうのは、結局爺さんはなんだったの? という有耶無耶な感じでした。
 ミステリアス感は出たのは出たけど消化不良な感じ。

>>3不思議なあの子は素敵なこの子
  Aコース  by乃響24

 あぁ、この流れ、じゅんさんです( *´Д`)
 安心して読めます。安心のじゅんじゅんですね。ええ話や。ですが。
 チャットでも言ったことですが、じゅんさんならもっと面白いものが書けると思ってます。
 いつものあのドキドキ感、それが今回は薄く感じてただただ平坦に話が進んでいくだけのように感じました。
 面白いのは面白いけど面白いラインをちょっとだけ越えた程度の感じでした。でもオチは綺麗だった。リアじゅんめ。

>>4七賢者、ヴィオ
  Bコース  by春野郎

 氷といったら絶対ホドモエ来る! と思ったらやっぱり来ました。
 七賢者をここで取り上げるとは完全に予想外でした。ただ淡々とヴィオがその胸中を明かしていく話。原作のノリが出ていてすごいよかった。原作厨だけどこれはすごい。すごいいい。
 単純に面白い。この内省的な感じがものすごいグッと来ました。心ガッチリ掴みました。
 ただこういうのは若干他の作品に霞みやすいんですが、今回は霞むことなく胸に来ました。わたしは好きです。

>>5永遠少女
  Aコース  bybreakthrough

 今回のでりでりはここ! たぶん当てられてます。
 スランプの中勢いで書きました。アドバイスしてくださった早蕨くんには感謝です。
 個人的には今の自分では書けた方だとそれなりに満足してます。
 ただ、思ってる方も多いですがモザイクにする意味無いですね。個人的には各行で起承転結となってるんですが、普通に切れって感じですね。お目汚しごめんなさい。
 あとこれ後日見直してからだともっと面白くできちゃうわー。なんていうか展開があっさりすぎる。特にバトル。我ながら勿体ない。

>>6凍てつく愛
  Bコース  by地のごとく大らかに

 はっ、はえええええ! ネタもらってから投稿までのこの僅かな時間、恐るべし。
 やっぱり貴方らしくこういう雰囲気を放つ書き方上手いなと思います。あのネタをちょっとの時間でこの面白さ。ラプラス欲しい……。あとヤドランの扱いが可愛そうw
 でも氷要素が感じられなかった。ただの風邪ですやん。もっと練って欲しかった。

>>7僕と君との二年間
  Aコース  byこしたん

 ふおおおおおおおめちゃくちゃ面白い! 自分が目指してる小説ってこういうものなんだなあと感じます。ノリが素敵。
 学校のテストでこういう面接問題あるんですね……。ちょっとしたカルチャーショック。
 オチも好みです。話の流れ自体はごく普通にあるどうでもいいことなんですけど、それをこうまで盛り上がれるのが面白い。
 自分自身英検とかで面接の試験受けたりしたことがあるから気持ち分かります。めちゃくちゃ共感できます。そこがとてもよかった。
 あと心理描写のテンポが非常に良くて、どんどんどんどん読みすすんじゃう! 個人差あるけどこれ好きです!
 ただタイトルがよくわからん。君要素がなさすぎ。

>>8銀色の季節
  Bコース  by粉雪

 読んでてほんわかしました。オチもおいしい。ヒコザルのニックネームのセンスいいなあとも思いました。
 これをたった一時間程度で書けるってすごいなとも。
 ただ盛り上がるところがなかったため、他の作品に霞んじゃった感じがします。
 ところで氷っていうより雪っていう感じが……。残念。

>>9君のいない海
  Aコース  by蛇蜥蜴

 おおおおおお、読み応えのある面白い作品でした。良い流れだなあと思います。
 カブトちゃん可愛かったけどもし進化したらものすごくゴツくなるのよね……。
 逃避行のときに何かしらの困難があるのは分かってたんですが、化石になるのは想定外でした。
 こういうポケモンが主体の作品でも大概は人間って普通に喋るんですけど、あえてローマ字にしたのはいいチョイスだなと感嘆しました。
 あと、後書きがものすごく胸に刺さります。わたしはこうらを選んでました。ごめんなさい。
 次も非常に楽しみにしております。

>>11春へ
  Aコース  byあづまくだり

 読み切ってから確認したけど文字数少ないのね! 読んでるときはもっとボリュームある感じだったのでびっくり。
 良い話です。良い話で、面白いことは面白いんですけどめちゃくちゃ面白いわけではなかったです。ギリギリ面白いラインに達したくらい。
 話があっさり終わりすぎてちょっと勿体ない感じ。平均点。
 もっと、子供がハプニングに出会うとかいうひと悶着ぐらいあればもっと面白かったかなあ。
 勿体ない感じがする作品でした。もっと分量書けるようになれば、すごい伸びると思う。

>>12昔←→今
  Aコース  by疲労少年

 >>1と若干ネタがカブッタアアアァァァアアア! ただこっちはどちらかというとバッドエンドの部類。正直これだけ書けるとは思ってなかったです。でもこれも>>1同じく平凡。以下略。
 過去に戻ってやり直すは人間の大きな欲望ですもんね。でも気になったところが二点。
 主人公は過去に戻ったは良いけど勉強の方は大丈夫なの? とてもじゃないけど二年も経てば昔勉強何やったかとかは忘れて普通。そんな簡単に入られたらわたしの立つ瀬がございません。
 主人公が一カ月程度の勉強でどうにかなる大学ならそもそも翌年普通に浪人してもっといい大学に入ったのでは。
 そしてもう一つは後半の不幸の件。ひったくりはいい。でも、どうしても部屋から家具が全部消えた意味がわからなすぎる。不幸になるというならもっとわかりやすい不幸の形があったはず。
 良い流れで読んでたのに一気に意味が分からなくなってなんだかんだで終わってしまった感じ。
 読了感がすっきりしなかったというのが痛い。でも次に物凄い期待が出来る。春企画楽しみにしてます

>>13道
  Bコース  by炬燵でアイス

 うわこれはすごい! めちゃくちゃ面白い!
 インパクトすごいですわ。こういうポケモンの種族名出さずにポケモンの特徴をちゃんと使えてどんなポケモンかちゃんと分かるのって上手い人の専売特許ですよね。
 余談ですが序盤はシザリガーをキングラーと思ってました。
 文章のパワーが素晴らしい。読んでてグイグイ引き寄せられました。ほんとに起で綺麗に掴まれて、承で引きこまれて転で興奮させられて、結で心がスッキリする。
 今回の企画で読んでて最もスッキリした作品です。この読了感はほんとパネぇええええ!
 でもタイトルには若干の不満。もっと良いのがあったのでは。次はさらなるレベルアップした作品楽しみにしてます。

>>14人の下痢路を邪魔する奴は、
  Bコース  byサンサール

 超どうでもいいんですけど津崎っていう友人が実際にいるんですが、それを想像してたらあまりにも似合わなさすぎだと思って一人失笑してました。
 今回少ないギャグ枠で、暗い作品が多い中目立ちました。ここまでギャグに突っ走ってくれたら気持ちいい。ヒヤ君キャラいいね! 最後のオチもいいです。
 特に最後の、マンションのエレベーター早く降りてこいのくだりはしょっちゅう経験してるからものすごいヒヤ君の気持ち分かりますw
 ただ、下痢ラーであるわたしから一言言わせていただくと、下痢でお腹痛い環境で走るのは無理。早足で限界。ほんと動けなくなっちゃう。
 あとほんと下痢だと授業中我慢とかしてる余裕がない。現実感出さないとダメな作品なのにそこでむっ、となって評価が落ちた。
 下痢に恥ずかしいもクソ(下痢だけに)もありません! 素直にトイレ行きましょう!

>>15枷を -rock'n'roll is not dead-
  Bコース  bypentadeca

 ヒャッハー! 汚物は消毒だー! いやあ面白かった。君らしさが出てました。
 こういう人情物は好きです。話もよかった。
 このブイブイ言ってる主人公目線は安定して面白いです。あとユキノオーのセリフにぐっときましたわ。
>>「……お互い、生きるためだ。許せよ」
 これ個人的に来た名セリフ。ただ、夏、秋と似たような作品が出てたため若干飽きが入ってきた感が否めないかも……。

>>16ダカラ・モシモ・モウイチド
  Aコース  by……『炎ポケモンに持たせないでください』

 今回最大の欝作品。16作品中7作品で誰か死んでる(>>1含め)んですが、これはその中でも一番人が死んでます。辛い。
 きっぱり言わせてもらうと、つまらんかった。どこが面白いか一切分からない。今回唯一投げたくなった作品。
 普段はどんな作品でもなんとか良いところを一つくらいはあげるんだけど、こればっかりは無理。
 ただただひたすら不幸自慢を聞かされるだけで読んでてムカムカする。無駄に長いのにこれだと本当に何がしたいかわからん。
 悪いけどこればっかしは受け付けない。絶望した。

>>17天気が良いので死ぬことにした。
  Bコース  by間に合うか。

 タイトルで得してるところがあると思います。これは良センスを越えて超センス。
 そしてタイトルに負けじと話も面白かったし、好きです。これでタイトルに顔負けしてたら評価がガクっと下がるんだけど、さすがと言ったところかそんなことは一切なくむしろタイトル活かせてすごいよかった。あとナイス滑り込み。
>>直ぐポケモンに運びますからね
 ポケセンの誤字だろうけどこれは笑いをストレートに誘ったw
 この主人公の心情の流れが非常に綺麗で、話にメリハリが出来ていたと思います。
 特に雪山のゴーストポケモンの件と、バシャーモが最後現れるとことかすごい良かった。こんなバシャーモ物凄くいて欲しい。

☆金賞
>>7僕と君との二年間
  Aコース  byこしたん
 今回は全体的に1~3位のランク付けが難しかったです。
 でも、その中でこの作品を一位に推した理由は好みの問題です。ごめんなさいね!
 ほんとこんなの書きたいなあ。ただしタイトルは……。

☆銀賞
>>13道
  Bコース  by炬燵でアイス
 いやはや良作でした。読了感の気持ち良さは一位です。吸い込まれました物語に。
 でも二位なのは単純に一位が強かっただけです。でもタイトルは……。

☆銅賞
>>9君のいない海
  Aコース  by蛇蜥蜴
 2位と非常に迷いましたが3位になりました。どこで差がついたかというと、オチです。
 どっちもオチはよかったんだけど、道のほうが読了感がすごい良かった。
 正直なことをいうと後書きを入れるとこっちが勝った。でも後書きで優劣を決めるのはどうかと思うったのでこの結果です。
 今回は1~3位が本当に決めるの辛かったです。

>>4七賢者、ヴィオ
  Bコース  by春野郎
 四位。まあこのくらいかなという順位です。好みです。
 ただこういうのは普段は好きなのは好きでも他の作品に霞みがちだけど、今回は他の作品が弱かったため食いこんじゃったという感じ。
 夏や秋なら銅にはならず6~10位かなあという感覚。

>>17天気が良いので死ぬことにした。
  Bコース  by間に合うか。
 五位。六位との決め手はタイトルにありました。六位とものすごく悩みに悩んで、タイトルの秀逸さで軍配。
 もちろん本文もすごい好きです。

☆おしくも選外だった作品
>>15枷を -rock'n'roll is not dead-
  Bコース  bypentadeca
 六位です。五位と迷いました。でも五位が勝ちました。差はそんなにない。よかったです。

>>11春へ
  Aコース  byあづまくだり
 七位。平均的な作品と思ってます。あとワンプッシュあれば上位に食い込めただけに勿体ないと思ってます。

>>3不思議なあの子は素敵なこの子
  Aコース  by乃響24
 八位です。じゅんさんならもっと書けると思ってここ。これが今回の企画のボーダー。でも安定のじゅんさん。本人的には不調らしいけど嫌いじゃない。

 いつもは十位くらいまで書いてるけどおしくも選外だった作品はここまでということなので。ここで切り上げます。

☆総評
 死に関する作品が16作品中七作。さらにこれに体調不良を加えると十一作。そして全体的に話が暗い。ネガティブ過ぎです>< だからこそ、明るい作品が目立ったという感じ。
 前回よりも総合的には良かったと思います。ただ、前回までは、胸を打たれる作品よりも一段階上の胸を貫く作品が必ずいくつかありました。今回はそれがなかったかな。
 面白いやつは面白いんだけど、一線を越えない感じです。お前が言うなです。
 今回は夏企画の時にじゅんさんが言ってた、良作多しと言えど本当に良い作品は限られてきますね。
 で、自分の反省なんですがいやほんと今回は勿体ないことしちゃったなあ。今回大事なこと四つ学びました。
 1、後書きは自分に向かない
 2、一時の感情でワガママしちゃダメ
 3、書き終わってから一週間は寝かしてもう一回読んでから書きなおせ
 4、ヤバいと思っても投稿期間中ならためらわず直すべし!
 次からはこれを肝に銘じて参加したいと思います。
  1. URL |
  2. 2011/02/14(月) 23:46:02 |
  3. でりでり #6Ttb5kTk
  4. [ 編集 ]

企画感想

名前:夜月光介
自作品タイトル:「リフレイン【あの日に戻れたら】」

 --投票作品--
金賞:君のいない海
銀賞:昔←→今
銅賞1:七賢者、ヴィオ
銅賞2:銀色の季節
銅賞3:春へ

 --投票理由--
金賞:文句無しの傑作。
銀賞:自分とはまた違った形でのタイムパラドックスが秀逸。
銅賞1:ショートショートスタイルでありながら見事な構成。
銅賞2:銅賞1に同じ。
銅賞3:銅賞2に同じ。

 --自由感想欄--

今回は短編投稿と言いながら中編に匹敵する様な長い作品を投稿した方も多かった様ですね。
自分としてはあくまで短編で味が出る。その人の『書き方のスタンス』みたいなものが
すぐに垣間見える様な作品が好きなのでこういう票の入れ方となりました。

金賞は他を圧倒する程の出来栄えでした。読者に対して疑問を投げかけ、考えさせると言う点と、
ポケモン経験者なら誰でも知っているイベントを遥か昔の恋物語に昇華させたのはお見事と言う他ありません。

銀賞は自分とは違う観点でのタイムパラドックスで、自分とは違うバッドエンドでの終わり方でした。
こういう作品はどういうオチを付けるかで悩むものですが、その天は非常に上手かったと思います。

銅賞3作品はいずれもショートショートの典型を歩んでいる作品だと言う印象が強かったですね。その中でも
七賢者の作品はゲームのイベントを小説とし、人物の心の内面を描ききっている点で秀逸だと思います。

今回の冬企画は短編の傑作が目立ち、投稿数が以前よりも少なかった事もあって全体的なレベルの向上が
あったのではないかと思います。自分の作品が少しでも評価される事を願ってはいますが、やはり今回は
優勝候補として間違いなく『君のいない海』が挙がる事でしょう。結果発表を楽しみにしております。
  1. URL |
  2. 2011/02/20(日) 19:12:51 |
  3. 夜月光介 #pRYCbsgU
  4. [ 編集 ]

No title

【名前】とらと
【自作品タイトル】>>7「僕と君との二年間」
        >>15「枷を -rock'n'roll is not dead-」

【投票作品】
金賞:君のいない海 蛇蜥蜴さん
銀賞:天気がいいので死ぬことにした。 間に合うか。さん
銅賞1:人の下痢路を邪魔する奴は、 サンサールさん
銅賞2:凍てつく愛 地のごとく大らかにさん
銅賞3:不思議なあの子は素敵なこの子 乃響24さん

【投票理由】
金賞:もう好み。すごい好き。それ以外に理由はいらないと思います。そんくらい好き。最初から最後まで大好きな作品。
銀賞:ポケモン素敵って面ではこちらの方が勝ってるのですが、君のいない海があんまり好みすぎました。でも負けず劣らず大好きです。
銅賞1:とても気持ちが分かるので……笑 ヒヤくん髪型きもいんだろうなぁ。あんまり近づきたくないタイプだろうなぁ。
銅賞2:これはいいほのぼのだったので。ここからほぼ優劣ありません。
銅賞3:なんだかもっともっと読みたくなったので。

ミステリーサークル、永遠少女と銅賞の2、3とでかなり悩ませていただきました。


【自由感想欄】
(他の作品の感想や企画自体への感想などをご自由にどうぞ)

>>1リフレイン【あの日に戻れたら】
  Aコース  by紅蓮さん
本当にこんなの来るだろうなって感じのストレートな作品だと感じました。
深く考えると時事系列?がよく分からないなと思う所もありますが、きっと気にするべき点ではないんでしょうね。
過去未来行ったり来たりできるツールを手に入れても全く波乱の起こらない展開が、逆に新鮮です。
だからこそこのオチが生きるんだと思いますが、なんだろう、やっぱりちょっと足りないような気もします。スッと流れてサッと終わっちゃった感じ。
でもそういうの嫌いじゃないです。


>>2ミステリーサークル
  Aコース  byRと名の付く勇者さん
よくできた短編ですねーこういうのが書きたいです。
成長した俺の視点から子供時代の自分の思いを語っている客観的なアレがいい感じです。好み。こんなん書きたいなぁ。
爺さん、幸せだったんだろうか……うむむ。
いつから死んでたんですかね。


>>3不思議なあの子は素敵なこの子
  Aコース  by乃響24さん
初読ではなんてことなかったんですが二回目でちょっと泣きそうになってしまいました。良い話。
幼馴染いいなぁ。転校繰り返して昔ながらの知り合いなんてないようなものなんですが、幼稚園の頃の友達とか顔見ても分からないし話しても思い出せない確信めいた自信があります
研究所出発からラストにかけて、なんとなく焦ってるような、駆け足な雰囲気があるような気がしないでもないですが、それにしても気持ちよく楽しめるお話でした。
あの時、止められなくて、ごめん、ってのが、もう切なくて良いなぁ。
リア獣なのに爆発しろって思わなかった稀有な作品。かな?w


>>4七賢者、ヴィオ
  Bコース  by春野郎さん
メンドーくんが出てきたってだけで私の中で評価がドーン!更に倍!
生きている実感、かぁ。少し考えさせられるお話でした。
正直、なんだろう、全体的にちょっとバラバラしてるようなイメージです。後半の流れがまとまってない印象。書きたいことがいくつかあって、つめこんでみたけど微妙にベクトルがずれているというか……
後半のヴィオさんのイベント未プレイなので、それ見てたらまた違った印象なのかもしれませんね。すいません。


>>5永遠少女
  Aコース  bybreakthroughさん
老人が視界にintoは何度読んでも噴くw
あえて改行せずに息継ぎの間を奪うことで、戦闘のスピード感・迫力、また主人公の心の高ぶりをうまく表現してると思いました。特別読みにくいとも思わなかったし、ポケセンみたいなまったりシーンでも改行しないからこそ味が出るってもんでしょうか。4行。ちょっとやりすぎかなとは思うけどw4行だからこその良さなんだろうな。
>もう一度貴方と会ったとき、今度は私が気持ちを伝える番だ。
この一文すごい好き!ラスト3行くらいで永遠少女っぽさを醸し出してるともっと好きだった。


>>6凍てつく愛
  Bコース  by地のごとく大らかにさん
ネタ提供から投稿まですさまじい速さで感服です。素晴らしい。
一戸建ての一部屋ってんな馬鹿なと思ったけどポケモンの世界ってだいたいそんなもんでしたね。リフォームした方がいいんじゃないかな。
穏やかな流れの中にしっかり起伏があって、読んでいて凄く安心できる作品でした。ラプラスの優しさに(*´ω`*)ほわわん
これはいいほのぼの!こんなん書きたい書きたい。


>>8銀色の季節
  Bコース  by粉雪さん
これもまたほのぼのですねwひー坊かわいすぎて泣きました
ヒコザルだけでなく全体としてかわいらしく、ちょっと抜けた感じにまとまっていていいですね。発想がいいなぁって思います
タイトル、あんまり季節って感じじゃないかな。とにかくひー坊は私が抱きしめておきますね。


>>9君のいない海
  Aコース  by蛇蜥蜴さん
あぁもー、何度読んでも……(´;ω;ブワッ
もう凄く好きです。最初の一文から好きです。岩かと思ったって。私はなぜだか最初リリーラとアノプスの話だと思ってましたよ。
初読でも十分素晴らしかったんですが、二読目で本当に心に来ました。私が今まで読んだポケノベの中でもかなり永久保存版です。素敵。
オムナイトの心が。素敵だなぁ。二匹幸せになればいいのになぁ。
幸せになってほしいです。幸せにしてやってくださいコンチクショウ


>>11春へ
  Aコース  byあづまくだりさん
>愛する故郷の美しい春。……
なるほどねぇ素敵です。そんな捉え方ができる感性が素敵だなぁと思います。うらやますぃ。
しかしなんでしょう、もう一度の使い方になんとなく無理やりなところがあるような……私だけですかね。私だけかもしれません。
無駄はないけど、なんか足りないような、もっと読みたいような。そんな作品でした。


>>12昔←→今
  Aコース  by疲労少年さん
途中まではよくできてるなって印象だったんですが、鞄とられて部屋すっからかんになるあたりでズコーってなってしまいました。荒らされてるとかならまだしも、リモコンを残してすっからかんになるって、そんなことあるか?(まぁそういう作品なんですけどw
前半と後半での主人公の境遇の違いや店長の態度の差は、こういう作品らしくて良いですね。俺は説明書を読まないってところがちょっとわざとらしかったかも。
でもそんなことより、河合宏樹くんがショタである理由を小一時間問い詰めたい気分ですがまぁいいや。ショタはお好き?


>>13道
  Bコース  by炬燵でアイスさん
読みごたえのあるしっかりした作品でした。冒頭が特に素敵。ご馳走様です。
前半の魚へ一方的に語り続ける部分、引き込まれて素晴らしかったです。語ってるとこから急に一人称の地になった所は少し違和感を覚えましたが、まぁささいなことでしょうか。
バトル描写もきれいで凄かったです、見習うべき部分が多いなと思いました。
ただ、進化してからの彼女の話が唐突で、妙に説教くさいというか……ちょっと個人的に受け付けなかったかも。
余談ですが、兄が死んでから数カ月経った頃~からのあたりで、魚の元へ泳いで向かう前に食事として魚を食べるってのがシュールでしたw


>>14人の下痢路を邪魔する奴は、
  Bコース  byサンサールさん
なんだこれwww下痢路ワロタ
あぁぁ気持ち分かりますわぁ。トイレ行かせてもらうかもらわないかの葛藤!
でもヒヤくんみたいな笑い取るの好きな人なら行かせてもらうんじゃないのかな?やっぱその辺は違うのかな。
時間がなかなか経たないとことか、こんな時に限ってエレベーターが降りてこないとか、あるあるすぎて凄く楽しめました。
あぁ懐かしの学校生活。いやまだ学生なんですけど……こんな中高懐かしい


>>16ダカラ・モシモ・モウイチド
  Aコース  by……『炎ポケモンに持たせないでください』さん
自殺旅行……最高に後味の悪い作品ですねwしっかりした文量ご馳走様です
こういう形式で書くのにしかたないと言えばしかたないんでしょうが、吉祥天女の話の後に辻堂正義の話が始まった時に「あと三人もあるのか」と思ってしまいました。一つ一つの話は非常に面白く、オチも凄くよかったのですが、少しだれてしまった印象です。
練炭自殺って死ぬ時どんななんですかねぇ。首つりは上手くやれば以外と苦しまずに死ねるそうですが。


>>17天気が良いので死ぬことにした。
  Bコース  by間に合うか。さん
私の中でバシャーモの株がドーン!どどーん!
ちょっともうポケモン素敵過ぎて死にそうです。ポケモン素敵。ポケモンの素敵なとこをめいいっぱい感じることのできる作品でした。えっバシャーモかわいい……どうしよう……どうしてくれるの……
前半のバトルシーンも、バトル描写へのただならぬ愛(?)を感じることのできる読みごたえのあるバトルでした。素晴らしいです。素敵。
突拍子のなさが心地よい作品でした。間に合って本当によかった。




>>7僕と君との二年間
  Aコース  byこしたん
「もう一度」の持つ意味よりも、言葉そのものに注目して何かしようとしたらこうなりました。ちなみに四割くらい実話……いや何でもないです
節々寒い上になんか分かりにくかったかなぁと思います。でも嫌いじゃないからいいや。
最後の方で出席番号四番の生徒が一番のことを一番って呼んでますが完全にミスです。出席番号で呼び合うとかどんなクラスなの……

>>15枷を -rock'n'roll is not dead-
  Bコース  bypentadeca
どうしてもバトルが書きたかったので、>>7投稿直後にネタいただいて書きなぐったらコレです。「オニスズメVSビードル」ビードル全然戦ってない上にほぼバトルしてなくてすいません。ネタと、鳥の名前の一部まで提供してくださったレイコさんありがとうございました!
タイトルの横文字なんですが、Mr.Childrenのアルバム「SENSE」収録曲である「ロックンロールは生きている」より。
曲と話がそれほど通じてる訳でもないんですが、この話の間はずっと聞きながらイメージで書いてました。かっこいいです。痺れます。この曲だけでなくSENSEがもう素敵なので是非聞いてほしいとか何書いてるんだろうコレ


こちらの企画は二回目の参加となりましたが、今回も力作ぞろいで楽しませていただきました(*´∀`ありがとうございました
次回も期待しております! そんときは私ももうちょっと成長してから臨めるといいな。がんばろう。
  1. URL |
  2. 2011/02/22(火) 23:43:59 |
  3. とらと #rId1tC1Q
  4. [ 編集 ]

No title

名前:乃響じゅん
自作品タイトル:「不思議なあの子は素敵なこの子」「人の下痢路を邪魔する奴は、」

 --投票作品--
金賞:君のいない海
銀賞:永遠少女
銅賞1:僕と君の二年間
銅賞2:ダカラ・モシモ・モウイチド
銅賞3:天気が良いので死ぬことにした。

 --投票理由--
金賞:切なさでもう何も言えなくなりました。
銀賞:これからも続いていくであろう二人のストーリーにもう何も言えなくなりました。
銅賞1:主人公が学んだ「学ぶ姿勢」の素晴らしさにもう何も言えなくなりました。
銅賞2:救いようのなさにもう何も言えなくなりました。
銅賞3:ラストの安心感にもう何も言えなくなりました。


惜しかった作品:道:話の奇麗さにもう何も言えなくなりました。が、6位なのです。ごめんなさい;
 --自由感想欄--

>>3不思議なあの子は素敵なこの子 乃響24
あとがき。
12月の中頃ぐらいだったでしょうか。久々にこの曲を聞いたとき、懐かしい思いになると同時に「これはポケモンの話になる!」と思ったのがきっかけです。
企画に関係なくても書くつもりでしたが、丁度テーマにうまく被せられそうだったので、「再会」をテーマに書くことにしました。
しかし短編で表現するには難しく、一つ一つのシーンについての書き込みが甘かったかな、という思いです。
幼児の細かい心の動きというのも、普段触れないだけに難しかった。
もうちょっとしっかり練り込んで、リベンジしたい話です。


>>14人の下痢路を邪魔する奴は、 サンサール
あとがき。
発端は某巨大掲示板まとめサイトの「「恋」を「下痢」に変えると深刻になる」というスレのレスです。
あまりにもツボだったので具体的に考えさせて頂きました。バカ小説です。
構想を練ってて思ったのですが、スケット○ンスにこんな感じの話ありましたよね……笑
それはともかく、ポケモンの入れ方が強引ですね。そこも含めて、全てがネタということで許して下さい←
締め切りに追われながら書いていました。ヒヤ君の焦りようはそのまま当時の執筆者の焦りです。


>>1リフレイン【あの日に戻れたら】紅蓮さん
内容は、このテーマだったらまずこういうのを思いつくだろうなぁ、と言ったところでしょうか。
時間を巻き戻す行為についてノーリスクというのはどうなんでしょう……。
何かしら代償を払うとか、そんなに簡単に望む方向にはいかないからドラマが生まれるのではないでしょうか。そういうのが欲しかったです。
あと、文章があまりにもダイジェスティックです。映画の予告編を見て満足してしまったような気持ちになりました。


>>2ミステリーサークル Rと名の付く勇者さん
この物語を書くには、ちょっと描写が甘いかなぁ、という気がします。
おじいさんが倒れてからの描写というか展開が少なすぎるんですよね。もうちょっと何かあるでしょう、と。
じいさんは何故生で見ないといけなかったのかとか、主人公はどういう人間社会環境で育ったのかとか、ミステリーサークルはどうしてこのタイミングで出来たのかとか、何故じいさんが幻覚を見たと決め付けたのかとか。言わないにしても、こういうことを考えて書いたようには見えなかったです。
題材は割と良かっただけに、残念です。


>>4七賢者、ヴィオ 春野郎さん
説得力があるなぁ、と言うのが第一印象です。
Nに盲信してつき従っていたけれど、結局何も得られなかった彼らはちょっとかわいそうな存在ですね。
退廃的な雰囲気がなかなかよかったですね。

>>5永遠少女 breakthroughさん
私は男なので××に名前を入れるとオカマになってしまいます(汗) 名前付けても良かったのでは?
シンプルなストーリー展開の中に繊細さと力強さがあってマイルドですね。最後の彼とのやり取りは、ぐっと来ました。
このラストを見れば、もう何も言う事がありません。Great!
強いて言うなら、セリフの「」の連続は読みにくいということです。改行しない方針なのは分かりますが、考慮した方がいいんじゃないかなと思いました。
やるならやるで、読みやすいセリフ回し、あるいは表現を考えるべきかなと思います。
それにしても、この子の英語をちょくちょくはさむ喋り方は何なんでしょうね。そこだけ妙にテンションが上がっている彼女の顔を思い浮かべると、ちょっと笑ってしまいますw

>>6凍てつく愛 地のごとく大らかに
心温まる話ですね。風邪をひくと心まで弱ってしまう様子が中々いいですね。
結構繊細な描写が好きです。
でも、最後にラプラスにお礼を言うくらいしてもいいのになぁと思いました。
結局レッドはどうなったんでしょうね。多分彼の事だから、勝ったとは思いますが……
元気になって、カンナちゃん自信がどうしたいかというこれからのことを書いてくれたらよかったなと思います。
あと、タイトルはもうちょっと考慮すべき点かと思います。暗いドロドロした話かと思われちゃいますよw

>>7僕と君の二年間 こしたん
『下流志向』という本があります。『学びからの逃走』がテーマで、今の若者は勉強しないことをあたかも社会的な地位を得る条件のように扱っているという内容です。ちなみに会社の人事の方はこの本の内容を知っててしかるべきらしいので、就活生にもお勧めです(すみません、ただの蛇足です)。
英語を学ぶクラスの雰囲気がまさにそんな感じなので、なかなか実態を捉えているんじゃないかと私は感心しております。
そんな中で、主人公は英語を勉強する楽しさを見出すことが出来た。そこに感動しました。中々これを書ける人っていないんじゃないでしょうか。
腐ってた所から立ち直る主人公。ほほえましくて、めっちゃいい話でした。
そしてオチもなかなかユーモラスです。しかしタイトルはもっと何かあったのではw

>>8銀色の季節 粉雪さん
雪国でのちょっとした事件のお話ですね。
ジョーイさんとの会話がなかなかウィットに富んでいて好きです。
「使えるじゃん、火炎車……」のセリフの意味を理解するのに3回読み返さねばなりませんでした。
その後の展開・描写をカットし過ぎて、分かりにくい感じになってしまっているのが残念です。

>>9君のいない海  蛇蜥蜴さん
不思議なあの子は素敵なこの子が、この作品の劣化版のように思えてなりません。
一つ一つの描写が丁寧すぎて、もはや何も言えない。
掲示板の特性を上手く利用した空間を使った表現、火山に巻き込まれたときの騒動を句読点をつけずに書ききる表現、うまいなぁと思いました。
7000字という短さを感じさせない、非常に濃密な文章でした。
この小説には、間違いなくこの歌が合うと思います。谷山浩子さんの『海の時間』です。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6681207
もう結び付けて考える以外になくなってしまった私を許して下さい。

>>11春へ あづまくだりさん
怒った後では、手放しに喜ぶのも居心地が悪いものでしょうが、最後に無言の子スバメは、やがて来る春に思いを馳せていたのでしょうかね。
季節の情緒あふれる作品です。
お母さんと子スバメのやり取りが絵本チックでいいですね。
前半部のマメパトは喋らせない方が良かったかも。てっきりマメパトとスバメに交互にスポットを当てていく話かと思ってしまいました。肩透かしくらった気分になりました。

>>12昔←→今 疲労少年さん
脛をかじっていないと言うことは、一人暮らしですかね。バイトもしていないし、一体この男は何をして生計を立てているのか。
大学も行ってないようですし……本性に関しては謎だらけですね。
そんな堕落した生活を一変させる不思議なリモコン。これも一体どこからやってきたのか。
時間を巻き戻すことによる副作用があるのかと思えば、そうでもなし。
一応不幸なことは起こってはいるけれど、因果関係を感じさせるには至りませんでした。
時間巻き戻す話で、それについての副作用も何もない。>>1の作品とのストーリー的差異がまるでないのが残念です。

>>13道 炬燵でアイスさん
弱肉強食の厳しい世界に立ち向かっていく二匹のお話ですね。
生き延びて、強さ、弱さの定義が分からないまま、思いを寄せあっていく二匹。そして一つの結論を見つける。
そしてヒンバスの進化。ポケモン小説には割とありがちなテーマだと思うのですが、これほど繊細に描かれたものは中々ないですね。
弱肉強食を通した自分探しと、ヒンバスの進化を結びつけた、そのセンスに脱帽です。
地味に「諦めの悪いのが長所だ」を彷彿とさせるような言い回しが入っていたのが面白かったです。
繊細なのはいいのですが、幾つか繊細さを欠いてしまったと思うポイントをいくつか。
一つは、主人公が兄の仇に襲われた瞬間。この時主人公は何が起こったか全く分からず混乱しているように見えるのですが、事前の予感はどこへやったのかということです。
一つは、凄く些細なことなのですが、「恐ろしいくらいに安定した光」という表現に説得力の無さを感じたことです。安定した、では何だか弱い感じがしました。揺るぎない、とかそういう表現だったなら。
一つは、あまりに主人公の主観に偏った話をしているため、読者を混乱させてしまういうことです。一人称だからといって、あんまり堅くならない方がかえって良い場合もあると思いますよ。

>>15枷を -rock'n'roll is not dead- pentadecaさん
オニオに向かってお前はロックじゃねぇと言いたい。そんなところでくたばるなんてロックじゃねぇよと言って泣きたいです。
アリスの為にひたすら飛んで行くのはロックです。そりゃあもうロックですよ。
やはりロックスターは早世してしまうのですね。でも、せめて一つ成し遂げて欲しかった。
周りの無理解っぽい会話が、オニオのハードボイルドを更に引き立てていますね。
ただただアツさ一本で勝負した作品だな、というのが個人的な感想です。もちろん、いい意味で。

>>16 ダカラ・モシモ・モウイチド ……『炎ポケモンに持たせないでください』さん
字数にして17000字。物語が3つも含まれているだけあって、大作です。
自殺オフだと気付かせないように描写を進めていく技術がすばらしいです。
それに加えて、3人の告白はどれも読み進めていて胸が痛くなるような内容ばかりで、凄く惹きつけられました。
3人が本当に絶望したのは、世界にではなく自分に、ではないでしょうか。自分の間違いを抱えきれなくなったから、自殺に走ったのだと、僕はそう思います。
その意味では、話を聞いた『ゼロ』が自分に甘さに気付くのは全然おかしくないことでしょう。
折角3人の話を聞いて自分の心に変化があったのですから、『ゼロ』にはもうちょっと頑張ってほしいなぁと、読んでいて思いました。
このラストだけはちょっと投げやりな気がしてなりません。
描写的にも脳内補完分が多いかなぁ、と思います。

>>17天気が良いので死ぬことにした。 間に合うか。さん
プロの作家っぽい感じの文体がクールです。
相方のバシャーモの心が読みとれず苦悩する主人公。思い詰め過ぎたせいで自殺を図ろうとするも、それがきっかけで相方が主人公を大切に思っていることを知り、活力を取り戻す。
……とまとめると、タイトルの割にストーリーは意外とシンプルで優しいですね。
戦闘シーンは上手なのですが、短編でやるには少し余分の多いバトルだったかな、と言う気がします。
主人公の悩みという物語の軸が分かるのがバトルの後なので、どうなるのか全く見当がつかず、ちょっと読みにくい印象を受けました。
死にに走るのが唐突なうつ状態の主人公にちょっとした怖さを感じます。が、ちゃちゃがいるので彼は大丈夫でしょう。



☆おわりに
 もう一度。氷。いざ書くとなれば、どちらも何だか思いつきそうで思いつかない。
 やってみて、実はとても難しいお題だと思いました。
 私自身、今までに比べて、アイディアが殆ど浮かばず、頭の中がそれこそ氷のように流動性を失い、だめだだめだと悩む毎日……なかなか大変でした。笑
 実生活が忙しくなりやすい時期に開催されたため、考えをまとめにくかったというのもあるかもしれません。
 そんな中で、投稿者の皆さんは頑張って良い作品を残してくれました。はくしゅ!

 全体的に、詰めが甘い作品が多かったように思います。前半はしっかり心理描写をしていたのに、ラストは想像で補完させる。あるいは、後半で展開が急すぎる、など。しっかり書き切ってくれたら、と惜しい気持ちになることが多かったです。
 そういう惜しさのなかった作品に、得点を差し上げたいと思います。もう何も言えない。
 今回もありがとうございました! 次回も楽しみにしております!

  1. URL |
  2. 2011/02/23(水) 22:03:16 |
  3. 乃響じゅん #qpNdFb8A
  4. [ 編集 ]

No title

名前:秋桜
自作品タイトル:「天気が良いので死ぬことにした。」

 --投票作品--
金賞:道
銀賞:永遠少女
銅賞1:君の居ない海
銅賞2:不思議なあの子は素敵なこの子
銅賞3:春へ

 --投票理由--
金賞:文章、物語の展開が総合で一番好みだったので。
銀賞:物語の展開は一番なのだけれど、意図のわからない改行なしの文で銀に。
銅賞1:後書きの力もあってのあの読後感なので作品だけだと三番目かなぁということで。
銅賞2:がおーねちゃん可愛いよがおーね。
銅賞3:文章が好みだったのと短くまとめる構成力的なものに惹かれて。ただ、やはり短いから印象に薄いので五番目。



2011冬企画感想 (各作品の作者名は略させていただきます。)
※私、厨二末期の植物の底辺な文章力とか構成力とか残念な日本語などは横に置いて感想を書いています。不快になられたらごめんなさい。と謝ることしか出来ませんがごめんなさい。



>>1リフレイン【あの日に戻れたら】
 もう一度、というお題にストレートに挑んでる作品に感じました。
 読みやすかったです。
 ただ、ストレート過ぎて話の流れが読めてしまったり、展開が早いような気も。時計を手に入れてからの後半、未来ちゃんとの思い出などを思い返して彼女は自殺しそうな気配があった。とかあったら面白かったかも。理由は明かされなくとも暗そうな表情をしていたとかそういうのですが。
 物足りなさも多々覚えましたが、終わり方もハッピーエンドで結構好きな作品でした。

>>2ミステリーサークル
 不思議な作品だと感じました。
 言葉の使い方が上手く、粗の見えない文章で読みやすかったです。嫉妬嫉妬。
 しっかりとオチもあって、「おー上手い」と思う反面、何処か盛り上がりに欠けるかなぁ、と感じました。まぁ個人の感じ方なのですが。
 上手いし、いつか私もこういった落ち着いた文章で物語を書いてみたいと思わせてくれた作品でした。

>>3不思議なあの子は素敵なこの子
 ストレートな作品でした。
 面白かったです。がおーねちゃん可愛いです。ポコピーも可愛いです。嫉妬嫉妬。
 ただ、最後の展開が読めたかなー、という所が残念かもです。
 こういうの好きです。ただやはり少しあっさり目?

>>4七賢者、ヴィオ
 上手い。
 けれどもなんというか「おー。上手い」と思うんだけど「面白かった」とはならなかった、でしょうか。私は、ですが。

>>5永遠少女
 面白かったし、好きですこういうの。
 スラスラ読めました。
 ただ、「何でこれ改行無いの」ていう感がすごかったのも事実です。改行しない理由が見つからないかなーと私は思ったので。

>>6凍てつく愛
 ほのぼの。好きですこういうの。
 トレーナー思いのラプラス可愛いです。風邪で弱ったカンナさん可愛いです。

>>7君と僕との二年間
 上手い。
 私はこういうの書きたくても書けないので尊敬。嫉妬嫉妬。
 斜に構えた感じの主人公の一人称で、でも最後になんというか格好つけたそれが崩れる。的な展開は「良いな」と思いました。

>>8銀色の季節
 読みやすかったです。
 ポケモンの世界での日常って感じでしょうか。ほのぼの? でも展開はそんなほのぼのでも無いか。なんでしょうか。
 読みやすかったですが、オチが弱いというか何か物足りなかったです。

>>9君の居ない海
 上手い。
 なんでしょう、カブトの可愛さにに悶えそうになりました。
 最初に投稿されたときに読んでいてバッドエンドかそれに近い物語に感じましたが、この感想を書くために読み返していると、このあとオムナイトが頑張る話にもなりそうで個人的にはそっちのほうが良いなぁなんて妄想してしましました。
 面白かったです。嫉妬嫉妬。
 あとがきが心を掻きむしってくれてなんとも痛いです。今後化石をどちらか選ぶことになったら私は選べなくてゲームが進まなくなりそうです。

>>11春へ
 上手い。
 掌編というやつなのでしょうか。短い中で上手にまとまっていて凄いです。嫉妬嫉妬。
 言葉の使い方も上手くて嫉妬の嵐なのですがただ、短く、綺麗にまとまっているので印象に残りにくいかなぁ。とも思いました。

>>12昔←→今
 面白かったです。
 >>1と多少被ってるところもありますが展開が急とかそういうことは感じませんでした。
 主人公の部屋から家財道具が全て消えるとか理不尽すぎてなんかもう笑ってしまいました。
 気になったところといえば、銀行のカードなどが盗られても、直ぐ連絡とかすれば口座のお金はどうにか無事なんじゃないかなーとか思ったり。世間には疎いのでよくわかりませんがorz

>>13道
 面白かったし好きですこういうお話。
 自然の荒々しさの中で生きているポケモンの、可愛さだとかそういったものが意味を成さないような感じ、好みです。嫉妬嫉妬。
 文が少し荒く感じたのは多分私の気のせいです。あと前半の改行はもうちょいあってもいいんじゃないかなーとかも思ったり。

>>14人の下痢路を邪魔する奴は、
 笑わせていただきました。
 かき氷持ってくるならまだしもシロップ5種とかガチですねツザッキー。
 ただ、切羽詰ってたら教員用だろうがなんだろうが、漏らすよりましなので使うかなー。と思いました。最悪女子トイレにすら突入も。

>>15枷を -rock'n'roll is not dead-
 切なすぎるんですが。
 文章上手くて嫉妬嫉妬なのですが、もうほんと救いようの無い終わり方で私の硝子のハートは粉々です。
 個人的にハッピーエンドか、救いのあるエンドが好きなのであまり好みじゃないかなーてのが正直なところでした。

>>16ダカラ・モシモ・モウイチド
 上手いなーと思いました。
 複数のキャラの過去をしっかり書いてあったりして凄いと思う反面、そのそれぞれの話のあとに集まったキャラ達がどうなるのかというところが予想がついてしまい、そしてその予想通りに自殺サイトの面々だったというのはちょと残念。もう少し隠せたらよかったかなぁと思いました。
 そして私はハッピーエンドか救いのある話が好きなのであまり好きではありませんでした。

>>17天気が良いので死ぬことにした。
 私の書いたモノなので感想というか反省を。
 とりあえず、時間は有効に使うべきだと知りました。なんですか23時59分締切りで投稿時間が23時59分て。思っていた以上に私は遅筆でした。余裕で書き終わると思ってた自分に腹が立ちます。
 仮面HNなのに間に合ったうれしさで叫んでモロバレルとか馬鹿ですか私は。寡黙な人になってみたい。
 ぎりぎりだったそのせいで最後の雪山のシーンがちょいちょいと端折られてたり。『ちゃちゃ』がアチャモだった時分の回想とか周囲の情景とか、主人公の心理描写もうちょっと色々いれる予定だったのですが。
 あと少女の手持ちの出番がルカリオの『ウェイブ』は名前だけ、ユキノオーの『スノウ』・カビゴンの『スリーピィ』・ブーバーンの『フレイム』は存在からカットに。これらは出しすぎも良くないからこれはこれでよかったような気もします。
 最後の方に加筆して完成版で出してみたい欲求にかられる今日この頃でした。
  1. URL |
  2. 2011/02/24(木) 00:43:54 |
  3. 秋桜 #-
  4. [ 編集 ]

投票

こんにちは海です。今回は>>13の道を書かせていただきました。
あまり余裕がないので投票と投票理由だけにします><

金賞 不思議なあの子は素敵なこの子
銀賞 君のいない海
銅賞 凍てつく愛、枷をーrock'n'roll is not deadー、天気が良いので死ぬことにした。

理由
金賞はもうすごく心があったまってすごく良かったです。ポコピーとがおーねっていう名前もほんわか要素でかわいいです。今回の企画は暗いものが多かったこともあり、映えていたように思います。文章もシンプルで読みやすく、一万字と聞いて意外と多かったんだと驚きも。
銀賞はキュン死にしました。まさか化石系のポケモンにきゅんきゅんするときが来ようとは思ってもいませんでした。お兄さん登場シーンはベタながら思わずにやり。告白の辺りはもう上手いとしか言えませんね。引き込まれました。淡々とした文でまとまっていて好きでした。
銅賞はまず凍てつく愛。途中までふーんとしか思ってませんでしたがラプラスの優しさに胸打たれました。もうそれだけでお腹いっぱい。枷を~は言葉選びの上手さに引き込まれました。バッドエンドせつないですね…。主人公はもっと頑張ってほしかったですがオニスズメ対ユキノオーグレイシアは厳しいですよね…。それでもなんかあっけなかったところが少し物足りなかったです。天気が良いので~は主人公の心理の動きが良かったです。バシャーモもかっこいいです。雌であるところも良いです。でも「嗚呼」が多すぎですw

こんなところです。また時間ができれば感想書きます。
今回も鵺作さん、飛馬さんありがとうございました。そして参加者さんおつかれさまでした!次回も楽しみにしています。次はもっと増えるといいですね。
ではでは。
  1. URL |
  2. 2011/02/24(木) 17:02:05 |
  3. 海 #-
  4. [ 編集 ]

No title

名前:ジャック
自作品タイトル:未投稿

 --投票作品--
金賞:枷を -rock'n'roll is not dead-
銀賞:道
銅賞1:不思議なあの子は素敵なこの子
銅賞2:君のいない海
銅賞3:天気が良いので死ぬ事にした

 --投票理由--
金賞:かつて、SARSと戦い殉職されたカルロ・ウルバニ医師は、パンデミック状態のSARSを相手に、一切諦める事無く最後まで戦い抜いた。
 しかし、どれだけ知識があっても、またどれだけ対峙する強固な意志があっても、病魔の手からのがれる事は難しい。
 まして、知識の無い民間人や動物は、わけも解らないままバタバタと倒れて行く。平穏が続く事を切望し、最後まで抗ったオニスズメの心意気と、それすら握り潰す病魔の恐ろしさ。
 諸行無常の空しさを覚える作品だった。
 今荒城の 夜半の月 変わらぬ光 誰が為ぞ 垣に残るは 唯蔓 松に歌ふは 唯嵐
銀賞:情け容赦無い過酷な大自然。実力に従って喰って喰われる世界だが、それでも弱者が鏖の憂き目に遭う事は無い。
 総てが実力次第の世界でも、実力と能力に従って生きて行く術はある。
 それは、種族毎だけでなく、個体毎でも言える。俺の感性には刺さるメッセージだった。
銅賞1:どこか懐かしさを感じ、かつて分かれた友を思い起こす。そんな作品だった。
 遥か昔の、幼少期の出来事。普段は記憶の彼方にしまわれ、振り返る事すらも無い。だが、永い月日と年月が経って、ふとその事を思い出す事はある。
 歳月を経て、一般常識を得た後に振り返ると、どうでもいい事で怒り、感情を暴走させた事を馬鹿げて思う事もあるだろう。
 そんな、懐古する事とそれによる感情の流れがよく表れているように思えた。
銅賞2:居て当然だった存在が、居なくなる。
 それによって後に残される悲しみは、表現しようにしきれないものがある。
 言いようの無い悲しみが表れているように俺は感じたため。文字に出来るような感想は無い。
銅賞3:常に共に居るにも拘らず、長年の付き合いの者の事が良く解らない。そして、その者と自分を比べ、劣っていると思う。
 俺にはそこまで近しい存在が居ないため半ばしか理解不能だが、これも、相手の事を良く気遣っているからこそだろうと思う。
 相手には、もっと格上の相手が御似合いだ。自分とくっ付いていては腐ってしまう。自虐してでも相手を第一に考える思考が出来なければ、到底紡げない思慮。
 不釣り合いな相手に思えて、実は最上の理解者というパターンはこういうものなのだろうかと思う。
  1. URL |
  2. 2011/02/24(木) 20:18:24 |
  3. ジャック #w0gzOYsM
  4. [ 編集 ]

No title

名前:CoCo
自作品タイトル:なし

 --投票作品--
金賞:僕と君との二年間
銀賞:永遠少女
銅賞1:あづまくだり
銅賞2:君のいた海
銅賞3:ミステリーサークル

 --投票理由--
金賞:夢中になってしまいました。思わず三度読み。
 とにかく小洒落た言い回しがところどころツボで、ここが素敵! といくつか引用しようとしたら本文中の半分ぐらい引っ張ってきそうになってしまったので割愛しておきます。とかく日常の再現具合というのか、書き込み具合が素敵。きゅうしょにあたった。
 もう一度、というお題の壮絶な使い方(ワンスモアプリーズへの執念!)と、締めの先生の表情とセリフが素晴しいと思います。文句なしの金賞に。

銀賞:ハートフル! 彼女の甘酸っぱい恋心が伝わってきました。彼女と彼のすれ違い具合がたまりません。バトルの描写も秀逸だと思いました。タイトルの妙もあるかと思います。

銅賞1:ポケモンたちから感じる、近づく春の描写がとても素敵でした。
銅賞2:〆の一言にはっとさせられました。素晴しい発想だと思います。
銅賞3:溶ける遺体の描写にびっくり。凄まじいセンスを感じるラストでした。

 --自由感想欄--

 最後の最後まで悩みましたが、一読しての印象と、お話全体としての流れとかとかを中心に据えて投票させていただきました。
 つまるところ個人的な"お話"の好みであり、投票理由もまた自分の主観によるところで御座いますことをどうか御了承くださいませ。どこを向いても、磨けばはてしなく光る作品ばかりと思います。若輩者が失礼を致しました。
 企画運営者さま、作者さま、みなさまお疲れさまでした!
  1. URL |
  2. 2011/02/24(木) 22:37:43 |
  3. CoCo #Ip/fgraw
  4. [ 編集 ]

投票です。

名前:レイコ
自作品タイトル:「君のいない海」

 --投票作品--
金賞:「道」
銀賞:「枷を -rock'n'roll is not dead-」
銅賞1:「人の下痢路を邪魔する奴は、」
銅賞2:「春へ」
銅賞3:「君と僕との二年間」

 --投票理由--
金賞:読み応えがあり、生命力の感じられる作品だったから。
銀賞:現実問題を上手く絡めおり、切なさがなんとも言えなかったから。
銅賞1:キャラに勢いがありテンポが良かったから。
銅賞2:作品全体から漂う物柔らかい雰囲気が好きだったから。
銅賞3:主人公の思考回路がどこか他人事ではなかったから。


皆様お疲れ様でした。今回の企画は作品数は少なかったですね。しかしどの作品も一つの作品としての完成度は高かったと思います。以下短いながら感想です。

>リフレイン【あの日に戻れたら】
喪失感の大きい出だしでした。しかし内容は前向きな物でしたね。とても読みやすいSF作品だったと思います。最後の締め方も好きです。

>ミステリーサークル
ポジティブな話かと思って読み進めていくうちに全くそうではないことに気がつきました。短い文章の中に人間の人生が詰め込まれた哀愁の漂う作品でした。

>不思議なあの子は素敵なこの子
N○Kの歌ですね。分かります。キャラが初々しくて可愛いですね。こういう恋愛の書き方は素敵だと思います。安心して読めました。

>七賢人、ヴィオ
ヴィオってどの賢人だったかなというところからスタートしました。なんせ覚えきれないもので……しかし読み進めていくうちにいろいろ考えさせられる部分が見えてきました。哲学的な内容だったと思います。

>永遠少女
××が自覚のない恋心と向き合うことになる過程がバトルを通して丁寧に描かれていたと思います。ところどころに出てくる英語が文章のアクセントとなって構成に一役買ってますね。上手いです。

>凍てつく愛
まさかあのカンナさんが……病気になると周囲の温かさがよーく分かりますよね。自分はこんなに周りに支えられて生きているんだなと。この一件を切っ掛けにラプラスとの絆も一段と深まったことでしょう。

>僕と君との二年間
リアリズムがいいです。主人公の思考回路にも共感できる部分がたくさんありました。文章のテンポもよく小気味の良い言い回しをたっぷり楽しめました。

>銀色の季節
どんな話になるのかと思いましたが、最後は素直にニヤッとさせられました。そうですよね……そういう時あります。眼鏡をかけているのに眼鏡を探したりだとか。

>春へ
全体の雰囲気がとても良かったです。鳥ポケモンの視点から書くと春の情緒もまた違った味わい方ができるのですね。子スバメの素朴な疑問や母スバメの優しく美しい語り口に引き込まれました。

>昔←→今
過去に戻れるリモコン……ただし不幸付で。一杯食わされたに等しい主人公が哀れです。こうやって過去と未来を股に掛けて色んな人の元を渡っていくのでしょうかね……リモコンは。

>道
種族名が一切出ていないにも関わらず、どの個体を示しているのか容易に分かる描写力。お見事です。内容もこのまま沈んでいってしまうのではないかと少々ハラハラしましたが、自分としては非常に好みな終わり方でした。

>人の下痢路を邪魔する奴は、
タイトルに物凄いインパクトがありました。それだけでなんかすごいと思いました。文章も読みやすく、中身もおもしろかったです。キャラに勢いがあっていいなと思いました。

>枷を -rock'n'roll is not dead-
なんか目頭が……突っ張ってるけど内心優しい奴ってぐっと来ます。タマネギみたいな名前だなとか思ってごめんなさい。現実の問題を小説に絡めてくる手法が上手いと思いました。にしても切ないです。

>ダカラ・モシモ・モウイチド
暗い……奈落の底へ落ちていくような話でした。皆それぞれ本当に苦しい人生を送っていたんでしょう。しかしそんな人がいる傍らに生きたくても生きられない人もいるわけでして。哀しいというより喪失感が大きかったです。

>天気がよいので死ぬことにした。
これまたタイトル、投稿時間とHNにセンスを感じます。主人公のこういう心境は分からんでもないのですが、助けがやって来て正解だと思いました。このまま死んでいたら何の面白みもない話になっていたと思います。


本当はもっと長い感想を書きたかったのですが上手くまとめる自信がないので短く切らせて頂きました。個人的にもっとこういう事が聞きたいという要望がありましたら伺います。
参加者様、運営様ともご苦労様でした。次回の企画も楽しみにしております。それでは。
  1. URL |
  2. 2011/02/25(金) 09:31:38 |
  3. レイコ #O41bhH7A
  4. [ 編集 ]

>>1『 リフレイン【あの日に戻れたら】 』
SFものかぁ、予期せぬタイムスリップは良いんだけど、自分の好き勝手に時間移動出来ちゃうのはあんまり都合が良過ぎて好みじゃない……
都合が悪いこと全部戻ってやり直す、それじゃあ何のために生きているのかわからなくなりそう、後悔も間違いも全部背負って生きろ、とか、背負って潰されて死んだ話を書いた奴の言うことじゃない。
あと、過去ものって、タイムパラドックス的なものが起きないのかとか思いますよね、この場合は未来を助けた→未来は死なない→静司が過去に戻る必要が無くなる→未来は助からない→未来を助けに行く→以下エンドレス、どうなんでしょうか?

>>2『 ミステリーサークル 』
癌ってそう簡単に治るものなのかー、と思っていたらこういうオチですか、意外でした。
このお爺さんはあの瞬間まで生きていたのか、既に死んでて幽霊の類いなのか、後者で良いんですよね、これは。
お爺さんが一番最初に見たミステリーサークル、あれなんだったんでしょうね、まさか本物の怪奇現象?

>>3『 不思議なあの子は素敵なこの子 』
そしてヒコザルはどこへ行った?
ポケモンの世界で、人間の手持ちになったポケモンが、手持ちになる前の仲間と会う事って二度とないんだろうな、と考えたら泣けてきました、その仲間も人間の手持ちになってたらなおさら。
まるで奇跡のような再会でした。

>>4『 七賢者、ヴィオ 』
ヴィオって冷凍コンテナにいるのか、後で行ってみよう……にしてもなんでこんな場所にと思ったらそんな理由でしたか。
七賢者のイメージが薄いせいか、肯定も否定も出来ないのは私のせい、こいつらって実際Nとゲーチスどっちを真に王と讃えていたんでしょうか、本家キャラに関わる話だと考察の面で見てしまっているのは仕様。

>>5『 永遠少女 』
永遠の十七歳、素敵なモザイクとナイスストーカーをありがとう。
バカみたいなくらい一途な人間って良いですよねぇ、ただなんで名無しにしたんだろう、それに意味があるのかと思ったらなんか無関係な様子。
つーか相性が相性だけにドサイドンで勝つのは難しいような、でも勝つために別のポケモン捕まえてくるよりは、負けたとしても相棒で戦いたいですよねぇ、しかし女の子がドサイドンとは……

>>6『 凍てつく愛 』
とてもごめんなさい、ぶっちゃけ、ギャグモノとしてネタ提供したつもりでした、それがまさかこんな純真100%な話になるなんて、ちょっと穢れきった私には眩しすぎて直視出来ません。
テーマ氷→かき氷→氷ポケモン→カンナ→カンナとか気が強そうだよな→風邪引いたりで弱った強気女性萌→カンナを看病するポケモン→自分が一番主人を心配してるんだからね///+かき氷=競い合って氷料理フルコース→カンナ涙目→オチはワタル特製ドラゴン(笑)ラーメン→没!→没ネタで良いなら提供→風邪引きカンナを手持ちポケモンが氷料理で看病する話でお願いします、の流れ。
うん、マジでごめんなさい、フライング土下座で謝ります、マジサーセンでしたァ!。

>>7『 僕と君との二年間 』
あれ、私がいるぞ?ピブドゥングス!とかマジシビレるわ。
なるほど、素晴らしい魔法だ、だが私は『ワンスモアプリーズ』より『日本語でお願いします』を支持するぞ。
つーか、うん、日本語でお願いします、マジで。

>>8『 銀色の季節 』
葉っぱさん一時間シリーズ第二弾、衝動的に書いた状態異常氷。
もうちょっと氷状態をしっかりやるべきだったと反省、後悔はしない、間違えた、反省はしない、いや、どっちだ、もうどっちもしない。

>>9『 君のいない海 』
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!なんだこのオチは!?
違う、あれだ、全部理科系の男が悪いんだ、私は「バカ野郎、どっちも私のだ」と応えたのに理科系が甲羅の化石を持ち逃げしたからだから悪いのは全部理科系の男なんだうわぁぁぁぁ……
はい、貝の化石選びました、オムナイト可愛いよオムナイト。

>>11『 春へ 』
スバメって渡り鳥なんだ……図鑑確認図鑑確認、そういやBWで季節によってスバメ出たりするのかな?
この子スバメ可愛いな、可愛さ余って憎さ百倍、なんか生意気、わからず屋め。

>>12『 昔←→今 』
>1と同じやり直しものなので近い印象があるんですが、最大の違いは回数制限があることかな、と思いました。
オチがなんか弱い気がすると言うか、バッドエンドになった理由が強引じゃないかと。
あれが全部逆恨みした河合の仕業とか、時間を戻した事に原因がある方が良かったんじゃないかなと思います。

>>13『 道 』
諦めの悪さが長所だ!? 氷が少し弱いと思ったんですが、まさかそういう事なのか!?
このポッチャマの性格がなんか好きになれない、死ねと言ってるわけじゃないとか言っちゃってるけど、そう聞こえるよこのペンギン、いや冷静になるとポッチャマと言う種族自体が嫌いなんですが。

>>14『 人の下痢路を邪魔する奴は、 』
ヒヤッキーに蹴られて三途の川ァァァ! このツザッキーマジヒヤッキーだわ、どんなだよヒヤ顔、とりあえずヒヤップのNNツザキくんに変えて来るわ。
なんと言うか、しょーもない話、どのくらいしょうもない話かと言うと、感想の中でたまに口調が変わっているのと同じくらいしょーもない。
だが良かった、これ好きだ、次回の企画から津崎くんシリーズが始まるらしいです。

>>15『 枷を -rock'n'roll is not dead 』
タミフル……違った、鳥インフルって鳥ポケモンにも掛かるものなんでしょうか、まぁ最悪鳥インフルと言う名の現実とは別の病気って可能性も、どうでもいいか。
このオニスズメかっこいいわ、そういや昔はオニスズメ好きだった、なのにいつのまにかピジョンやピジョットの方が好きになって……僕は、僕は……オニスズメを見捨ててしまった!
そして力尽きたオニスズメ、それを無惨にも(たぶん)焼却処分行き……救われないですねぇ。

>>16『 ダカラ、モシモ、モウイチド 』
目標は誰にも当てられないことだったので、今回の裏テーマは私が書かなそうなもの、と言うわけでひたすらBADEND邁進モノでした。
と思ったけど、BADENDよく考えたら何回か書いてたわ、ドンマイb(・∇・●)

>>17『 天気が良いので死ぬことにしました 』
そんな簡単に生命を捨てるな!ってb(・∇・●)←が言ってました。
ラスト三霊登場辺りからのちゃちゃが感動した、そして少女二回目の登場時のセリフ、直ぐポケセンに運びますから、じゃねとか思ったのは気のせい。
バトルの描写とか相変わらずうまいと思うんだけど、(ふりがな)が読みにくくてテンポ狂うかなとだけ。




以上の点を踏まえて?


金賞『不思議なあの子は素敵なこの子』
今回ダントツ、こう、なんか温かくなるよね!奇跡だよ奇跡!

銀賞『君のいない海』
今回一番泣けた、でも救いがないとどんな形でもなんか盛り上がらないよね、だから銀。

銅賞『人の下痢路を邪魔する奴は、』
  『枷を -rock'n'roll is not dead』
  『天気が良いので死ぬことにしました』
後半のが印象に残ってたからかなぁ、ツザッキーマジワロス、ツザッキーとかオニスズメはキャラが良かった。天気が~は完全にストーリーでポイントを取った感じ?よくわからんけど。



というわけで、今回はAB一つずつの二作で参加、銀色の季節と、ダカラ、モシモ、モウイチドでした。
今回は時期が時期だからキツかったんですかねぇ、受験とか受験とか、それ以外でもやはりこの季節は忙しい気がします。
その分大作はなかったのかな、すぐに読めると言えば聞こえがいいね。
では、企画者様、参加者様、お疲れさまでした。
  1. URL |
  2. 2011/02/25(金) 20:45:06 |
  3. 一葉 #1SorPHcg
  4. [ 編集 ]

No title

名前:わたぬけ
自作品タイトル:不投稿orz

 --投票作品--
金賞:道
銀賞:君のいない海
銅賞1:天気がいいので死ぬことにした
銅賞2:枷を -rock'n'roll is not dead-
銅賞3:不思議なあの子は素敵なこの子

 --投票理由--
金賞:圧倒的な文章構成と、巧みな展開で堂々の金賞。とはいえ、実を言うと銀賞の「君のいない海」とどちらを上にしようか最後まで迷いました。しかし骨太な描写と淡々としながらもゾッとする世界観がたいへん私好みだったので、僅差での上位。
 ほのぼのとしているように思えるポケモンの世界は実はちょっと踏み込むと、野生としての厳しさ、恐ろしさが深淵でしっかりと口を開いていることを感じさせる。その事実が主人公の淡々とした語りで紡がれていく。
 またポケモンの種族を名前で明かさず、描写のみで語るというのもこれまた大きなプラス要素でした。
 
銀賞:先述したように、自分の中でほんの僅差で銀にしました。ゲームポケモンをやるのなら誰もが経験する化石発掘復元イベント。それをはるか太古の恋物語として料理するという発想には脱帽。こちらの話では先の「道」とは反対に野生の厳しさ、恐ろしさは影を潜めていましたが、突然振りかかる悲劇とその先にあるもうひとつの悲劇の描写にはただただ圧倒されました。
 もし化石復元の場面にNが居合わせたら、きっと大激怒モノでしたでしょうね。
 
銅賞1:銅賞としてはいますが、他の銅賞作品の中では一番良かった。もし銅賞が一作品しか選べないのなら迷わず本作を選択してたと思います。
 多彩な文章表現はちょっとくどい場合もありますが、一つ一つの場面を的確に表現し、雰囲気を出すのに一役買っている。主人公の「死ぬことにした」という一見唐突な感情も、このストーリーの流れで読んでいくとなぜか自然なことのように感じ、しっかり人物やストーリーをモノにしているなあという印象。
 
銅賞2:これを読んだ時、雰囲気が何かに似てるなあとずっとモヤモヤと気になってたのですが、やっとわかりました。手塚治虫漫画の短編なんだ。主人公が我を通したがために訪れる破滅という図式や、ラストの主人公がどうなったのか分からないまま、しかしどうなるかは予想できるような形で終了という構図も手塚作品でよく目にした構成でした。
 そういった好みで銅賞に選ばせていただいたのですが、主人公がなぜそうまでして故郷を離れたがらないのか、という説明が少々不足していたように思います。
 
銅賞3:ふ・し・ぎ・な・あ・の・こ・は・す・て・き・な・こ・の・こ♪ この曲自分も大好きでしたのですぐに頭の中で曲が鳴り始めました。とはいえ、歌詞は貼られているURLを踏むまで思い出せなかったのですが……。
 音楽とマッチしたストーリー構成や、ちょっとした勘違いがすれ違いを産んでしまうような展開は安定しておもしろいと感じましたが、ラストがちょっともう一捻り足りなかったなという印象でした。


  1. URL |
  2. 2011/02/25(金) 22:10:42 |
  3. わたぬけ #-
  4. [ 編集 ]

No title

名前:早蕨

 --投票作品--
金賞:君のいない海
銀賞:道
銅賞1:七賢者
銅賞2:僕と君の二年間
銅賞3:昔←→今

 --投票理由--
金賞:話が一番綺麗に流れてた気がします。話もよかった。オチもインパクトがあった。好きです。
銀賞:次点。好きです。でも金賞作品と比べるとオチが弱かったから、この位置。とか言ってるけど本当は優劣なんてつけたくない。金賞にしたいくらい好きです。
銅賞1:いいなあ。本編にかするっていうのかなんというのか、こういうのは今回これだけ。好きです。七賢者の使い方が素敵。
銅賞2:わーいわーい面白い。文章の流れもテンションもたのしいーでも話として弱すぎません? もう一度 っていうのを使ってるのはわかるんですけど、言ってることはわかるんですけど、それでもやっぱりどうしても上記三作品より話の内容で弱い気がします。でも文章楽しいわーいわーいこれも好きです。
銅賞3:これと似たようなのか1にあったと思います。正直、どちらもテンプレート感というか、どこかで見たような感じが凄いする作品でした。でも僕テンプレートというか、王道に弱いんです。あえて1と比べると、1は僕の好みじゃなかった。文章も話も。あと、1はうるさかった。この展開を見せつけようと必死だったのに対し、こちらは静かでした。落ち着いてました。好きです。

 --自由感想欄--
じゃあ次点で1なのか、と言われるとそんなことはなく、僕の中だと「永遠少女」や「げり」、「春へ」が来ます。

今回、いつもよりボリュームだったりインパクトだったりいいなあ……というような作品に巡り合えなかったような気がします。やっぱり僕の中だといいなあ面白いなあ凄いなあと思う数作が頭一つ抜きんでていてそれ以外はわりと並んでる印象でした。
  1. URL |
  2. 2011/02/25(金) 22:32:28 |
  3. 早蕨 #iMK0FLrs
  4. [ 編集 ]

No title

>>1リフレイン【あの日に戻れたら】 Aコース  by紅蓮

ストーリーに新しさは無い、百人のアマの物書きにこのお題を渡せば四割くらいはこんな感じになると思う。良くも悪くも手堅くまとめてきたと言う印象。
最後の最後、時計の場所と言うより位置的なものでタイムパラドックスが生まれているのだけれども、これについての説明やそれなりの伏線、タイムパラドックスをタイムパラドックスだと明確にするものが無いから作者の考察不足にも見ることができる。いや、ちゃんと考えているんだろうけど。ここについての『含ませ』のような物があればオチに余韻が残ると思う。

>>2ミステリーサークル Aコース  by俺

自分で言うのもなんだけど、点数で言えば65~70位の手堅くまとまっている作品だと思う。
ただ、これを含め自分の作品に良く見られる兆候として『厚さ』であったり『雰囲気』だったりが無い、端的に言えば、薄っぺらい。

>>3不思議なあの子は素敵なこの子 Aコース  by乃響24

滑り台
綺麗な話だと思うし、教訓めいた物もある、文章も良い。だけれど(あるいは、それゆえに)余りにあっさりと終わりすぎて企画的なものでは見る人の心に残り難い作品だと思う。一番最初か、最後だったら印象に残ったかも。
企画とは関係ない、ふと筆が進んで出来た短編として見せられたら感動しただけに残念。

>>4七賢者、ヴィオ Bコース  by俺

悪い意味で自分らしくない文章。
実は自分の小説をよく読んでる人にこれを見せたら「絶望した」と言われました。
雰囲気を出そうとした文章なんだけど、落ちもなくて雰囲気もそれほど。
失敗

>>5永遠少女 Aコース  bybreakthrough

こんなの小説じゃねぇ

>>6凍てつく愛 Bコース  by地のごとく大らかに

普通、と言う感じ。
チャットで貰ったお題だからあまり練る時間も無かったと思う。それでも旨くまとまっていると思うけど。

>>7僕と君との二年間 Aコース  byこしたん

ものすごく失礼な言い方をすると。
ダンボールを超一流の五つ星シェフに調理させたって感じ。
時々出てくるユーモアのある書き方であったり、書き手の腕前は満足するほど見せられたのだけれど、何故このシチュエーションで書こうと思ったのか。それだけが疑問。
自分だけかもしれないけれど、このシチュエーションに引き込まれない。
勿体無い作品

>>8銀色の季節 Bコース  by粉雪

>>3と大体同じで、滑り台
更に言うとこの作品を通して言いたい事がいまいち見えてこない、自分の読み方が足りなかったりするのかもしれないけど。
途中のジョーイさんのくだりは良かった。

>>9君のいない海 Aコース  by蛇蜥蜴

まず、オチであるお月見山の甲羅の化石と貝の化石、これに関しては素晴らしいチョイスだったと思う。だってこの落ちがわからない人はこの掲示板に来ないもの。
そして、このオチに持っていくための言わば『起承転』の部分が非常に良く出来たストーリで、この部分だけで持っていかれる人も少なくないと思う。
そして、オチ。やられた! と言う気分になる。
とても良い作品

>>11春へ Aコース  byあづまくだり

>>3>>8と同じポケモン童話風。
でも個人的な評価はこれのほうが上。
何故だか考えてみると季節の移り変わりと言う物を上手く表しているからだと思う。
でも「もう一度」の感じはあまり無いよね。

>>12昔←→今 Aコース  by疲労少年

>>1と同じでよくある時間巻き戻し系の話だが>>1に比べてオリジナリティの要素が強い。
ただ、オチがご都合的と言うか「時間を撒き戻した代償」が「鞄と部屋の荷物」と言うのはあまりにも物理的過ぎて、ん? と首をひねる。
非現実的な現象を巻き起こした訳だから、代償も非現実的な物が納得いく。
あと、タイムパラドックス起こってるよね。それを楽しむ作品なのかもしれないけど。

>>13道 Bコース  by炬燵でアイス

しっかしうまい事やるわ。
この作品もそうだけど、今回の企画はポケモンの正体を中々明かさないのが多いね。
しっかしうまい事やるわ。
全体的に哲学的で、作者の思っている事を登場人物に喋らせる作品だと思う。こういうことを伝えたいと言う明確な意図が見えた。
内容についての感想は自分の文章では書き難いのでほかの人参照。
しっかしうまい事やった良い作品。

>>14人の下痢路を邪魔する奴は、 Bコース  byサンサール

>>7と同じで、何でそのシチュエーションにしたの? って感じ。
トイレに行きたい悶々とした男子生徒を書いてもあまり引き込まれない、ニッチなエロ小説じゃ無いんだから。
ちなみにエロ小説だとしたら官能さが足りない。
かき氷を出したいからこの話になったのだろうか、この話を書きたいからかき氷にしたのだろうか、それが疑問。どうでも良い疑問。
あだ名的な意味でポケモンを使ったり、最後の三行とかは「ポケモン限定」のくくりにおいては隠し球的な反則すれすれの物なんだけど、自分は好きだよ。


>>15枷を -rock'n'roll is not dead- Bコース  bypentadeca

個人的には好きな小説。カッコいいしね。
だけれども、カッコいいからこそ、あのラストは悲しすぎる。これは完全な好みで、自分がハリウッド的なハッピーエンドが大好きだからだけど、俺の感想と言う事で許して欲しい。
鳥インフルエンザを良くこの時期に思い出したと思う。
全体的に弱肉強食的なものを醸し出しているのも良い。

>>16ダカラ・モシモ・モウイチド Aコース  by……『炎ポケモンに持たせないでください』

なんだろう、悪い意味で今回の企画を象徴した作品だと思う。
何が凄いかってこの作品だけで七にん死んでるからね。七人だよ七人。早々無いよ。
で、全体的に聞かされるのは死んだ死なないの不幸話。御免けどね、企画じゃなかったら投げてるよ絶対。
あと、受け持ちの子供の家庭の事情なんて絶対知ってるでしょ教師なら。しかも両親についての作文書かせるならなおさら。
あと、何でゼロも死んじゃったの? いやこれは自分の好みだけど「もう一度」というお題なのだから彼は生き残っても良かった気がする。
あと、序盤にサイトの集まり云々を書いてしまったせいで、いわゆる「自殺サイト」の集まりと言うのが容易に分かっちゃった。オチがわかっちゃった後あれだけの文章読むのは辛いよ。答えが二ページ目にあるドリルなんて誰もやらないよ。
何かが少しずつずれて大変な事になってる小説。

>>17天気が良いので死ぬことにした。 Bコース  by間に合うか。

この作品を書いた人が自分の思い通りの人だったら(と言うかあの人しか居ない)この人は近頃、ある小説を書ききった事で自分の武器と言うか、持っている物を上手くコントロールして自分たちに見せる事が出来るようになったと思う。カトレアだよカトレア。
主人公が死のうと思う理由、それは非常に突発的なもので、普通なら理解しがたい物なのだけど、それまでの主人公の心理描写や性格を仄めかす台詞や文章で「あぁ、こいつならやりかねないな」と思わせてくれる。
あと、ゴーストポケモン三体の描写も良かった、幻想的で本当に命を奪う連中なのだと思った。
最後までしっかりと見せてくれた。
良い小説。


総評
自分を含めだけれども、みんな優勝であったりとか、良い評価を貰おうとして、奇特な物を書きすぎだと思う。
「企画だから読んでくれるだろう」と言う気持ちが絶対に少しはあると思うし、事実自分のは少しあった。
あとお題のせいなのかどうか分からないけど、暗いのが多かった。


金>>9君のいない海 Aコース  by蛇蜥蜴
 (やっぱりこの企画では飛びぬけてると思う)
銀>>17天気が良いので死ぬことにした。Bコース  by間に合うか。
 (質の高い作品だったが、オチの差で銀)
銅>>13道 Bコース  by炬燵でアイス
 (上二つと特に差はない、あえて言うなら自分の好み)
 >>15枷を -rock'n'roll is not dead- Bコース  bypentadeca
 (申し訳ないが、上三つと比べると何段階か劣る、来来賞として)
 >>11春へ Aコース  byあづまくだり
 (本来なら、該当無しにしたかったけど駄目らしいので、銅賞の三つにはかなり差がある)


  1. URL |
  2. 2011/02/25(金) 22:39:27 |
  3. 来来坊(風) #CyY9ZnQc
  4. [ 編集 ]

2011年冬企画投票

どもん、雫です。
締切ぎりぎりまで粘って投稿しないのが雫ちゃんの特徴です(←

投票。ということなのですが、
私ぶっちゃけ投票とか評価とかしたことないのでw
そのところはあんまり良くわからないんですが……。
とりあえずそれなりに頑張ってみますφ(・ω・´)

※時間の都合上、評価は順位をつける小説のみです。ご了承を……。

#####################################################
名前:雫(疲労少年)
自作品タイトル:「昔←→今」

 --投票作品--
金賞:ダカラ・モシモ・モウイチド

銀賞:君のいない海

銅賞1:不思議なあの子は素敵なこの子

銅賞2:天気がいいので死ぬことにした。

銅賞3:僕と君との二年間

 --投票理由--
金賞:もうなんか私の中では割と断トツです。
    もともとネガティブっぽい小説っていうか、BADENDが好きなんで、
    こういう作品ってツボにはまるんです。
    だんだん真相が分かってくる感じがいいです。最後まで読みたくなります
    願いがない、生きたい。っていうのが意外でしたね。まさかその方向に行くとは。
    兎に角ツボにはまった作品でした。

銀賞:この程の話はよくみかけるのですが、ストーリー上構成ではそうなるんでしょうね。
    確かに心が痛くなりますね。そういうのを考えると。
    「……ごめん。好き」が個人的に好きでした。
    これも私は好きなジャンルの話かな。って思います。
    しかし次作から化石を選ぶのがつらくなりますねww
    エメラルドになると両方化石が手に入るからいいものの。
    銀賞でしたが、結構一位と悩みましたw

銅賞1:ほのぼのとしてかわいかったです。
     なにがって、全体的に。
     友情関係とか、ものすごく道徳の教材になりそうっていうかww
     ポコピーとがおーねの会話が良かったです。

銅賞2:バトル系の小説、この作品が一番良かったと思います。
     まずタイトルに惹かれましたwこういうタイトル好きですw
     白熱しているバトルの描写、私には絶対真似できません。
     『ちゃちゃ』が助けにくるところ、感動しました。

銅賞3:面白い部門っていうか、アレですね、はいw
     私はつい最近こういう経験をしていたので、「あー、あるある。」的なノリで見てました。
     ごく当たり前のことを、面白可笑しく言うところが良かったと思います。
     ワンスモアねw会話テストの時、私は、「パードゥン?」の一点張りだった覚えがありますw
     なんか面白かったですw


っと、いい点ばかりしかいってないんですが、私にそんな皆さんの悪い点を言える勇気なんてもんはないのでw
実質、この五つの中にはほとんど悪い点なかった(と、私は思ってる)のでw

さて、一通りおわったところで、一つお詫びを。

私は「昔←→今」という作品を書いたのですが、
どうやら リフレイン【あの日に戻れたら】 と内容がかぶってしまったようです。
なんか白々しい態度ですが、あの、別に故意でパクった訳ではないのです。
私、割と流されやすいタイプなんで、皆さんの作品とちょっと似てしまう傾向?みたいなのがあるんですね。
だから、今回私は、企画の小説を締切まで一切よまずに投稿しました。
しかし、被ってしまいました。
紅蓮さん、大変申し訳ございませんでした。
深くお詫び申し上げます


以上です。雫でした。
  1. URL |
  2. 2011/02/25(金) 22:47:07 |
  3. 雫 #WO.8kER.
  4. [ 編集 ]

No title

名前:Pause (ポーズ)
自作品タイトル:「春へ」(あづまくだり)

 --投票作品--
金賞:七賢者、ヴィオ
銀賞:僕と君との二年間
銅賞1:リフレイン【あの日に戻れたら】
銅賞2:人の下痢路を邪魔する奴は、
銅賞3:永遠少女

 --投票理由--
金賞:「すべてを失った者」という難しいテーマにも関わらず描写が丁寧。長すぎず短すぎず、文体もとても読みやすい。でももう少々描写がしつこくてもいい。
銀賞:共感、感情移入の度合いが半端ないです。テンポもとてもよくてスラスラ読めます。スラスラすぎて流し読みで満足してしまった、という点で銀賞。
銅賞1:最初、落ちに「?」となったが、しっかり読むととても面白い話だと思いました。文章はとても読みやすくなりました、ですがこれで満足しないでください、の意味を込めて銅賞。
銅賞2:このぶっ飛びぶりに敬意を表して。
銅賞3:すごく面白い話でした。とても好きな話。文章の体裁を重んずる見方としては、改行が足りなく感じます。ので銅賞。
  1. URL |
  2. 2011/02/25(金) 23:59:05 |
  3. Pause #WJNr/5ZE
  4. [ 編集 ]

No title

やっほーとびんだよー

#####################################################

今回投稿してません 全然思いつかなかったです

 --投票作品--
金賞:>>9君のいない海
銀賞:>>17天気が良いので死ぬことにした。
銅賞1:>>13道
銅賞2:>>5永遠少女
銅賞3:なし

金は決まってました 銀と銅1、2で迷って 文章がキレイでオチもよかったのを銀
反映はされないけど 一応形だけ


 --自由感想欄--

>>1リフレイン【あの日に戻れたら】
  Aコース  by紅蓮
ヒロインできすぎくん こんなにも理想的な恋人像が出てくるなんてむしろ気持ちいいと思ったレベル
起承転結と はっきりしててよかった 展開もサクサクすすむし 一文をこねくり回して長くするよりかはずっといい
彼女の過去も変えるっていう展開も好き 高嶺の花みたいなヒロインにも悩み事はあるのね って急に現実臭がしてこれもよい
オチもきれいにまとまってて好印象 なかなかよかった
企画の最初の作品で「もう一度」のお題の使い方が一気に狭くなったように思う
この作品が投稿されてから 次はどう来るんだろうってすごく楽しみだった

>>2ミステリーサークル
  Aコース  byRと名の付く勇者
泰造じいさんと雁! ちょうなつかしいい
できそこないの星新一って感じ 好みですこの感じ
あえて蛇足させていただけるんなら 転の部分の描写の方法を凝ってほしかったなあとだけ
>その方向に顔を向けると。倒れた爺さん、ぐずぐずと音を立てながら爺さんの体がすさまじいスピードで腐敗していた。
この一文のリズムが好き
じいさんは幸せだったんでしょうか 幸せだったと思いますけどね
なんでその時に幻覚?を見たのかはわからないけど 見れたんならよかったね

>>3不思議なあの子は素敵なこの子
  Aコース  by乃響24
まず全体を読んでみての超個人的な意見 じゅんさんらしい毒っぽさが何一つなかったのが残念だった
うまく言えなんだけど とびんは悪意やいたずらから生まれるような毒で展開をがらっと変える文章が大好きなんです
ただそれがなくなった代わり 恋愛臭いびっくりするほどドキドキする文で締めくくられてて ほんと なんかびっくりでしたw
3人で遊ぶときって 誰かひとり余るじゃないですか そういう心理描写がすごくうまい
BGM聞いたけど 懐かしすぎて泣けてきたわあ けんたろうお兄さんとあゆみお姉さん どれみふぁどーなっつ世代涙目

>>4七賢者、ヴィオ
  Bコース  by春野郎
薄っぺらいなーなんでだべやーと思ってたんだけど それは作者の君自身がこの作品に対する答えを見つけ出して無いからなんだと気付いた
雰囲気だなーって感じ 
なんかさあ 冷凍コンテナってダンジョンって感じがしないんだよね
だから冷凍コンテナで震えながら~っていう描写の時にはもう「いや、出ろよ」とか思っちゃう まあハンサムの旦那が来ちゃうんだけどね

>>5永遠少女
  Aコース  bybreakthrough
いやあーこれはね ほんとよかったですよ 入りのリズム感といい起承転結のしっかりとした構成といい描写も設定もなかなか好みだった
ただすこし欲を言うなら もうちょっと日本語を美しく使っていただきたいなあ いや 英語がちらついてるからとかじゃないよ
あとねえ 比喩がすごく効いてますね いちいち上手いと思った 後半いっきに盛り上がるところもそのおかげで拍車がかかってるんだと思う
佳作 グッジョブ

>>6凍てつく愛
  Bコース  by地のごとく大らかに
もうこれレッドのが気になるよーそっちにばっかり気が行っちゃったよーもおー
ナナシマ懐かしいですカンナのぬいぐるみ部屋には驚かされた記憶があります

>>7僕と君との二年間
  Aコース  byこしたん
長い むしろ「ワンモアプリーズ」と「パードゥン?」でここまで広げられることを評価したい
前半はさくさくと面白かった パードゥンは自分もすげえ好きな言葉です あと「ガッテム!」

>>8銀色の季節
  Bコース  by粉雪
えーなんだろうなあーこの消化不良感 オチはあるのにオチてないっていう もっと他に表現の方法あったんじゃないかなあ

>>9君のいない海
  Aコース  by蛇蜥蜴
これは最高です もういいですこれホントもうラストが最高ですもうほんと
描写すばらしいです 展開最高です 言葉選びのセンスもいうことないですわ ほんとにきれいな文章 だからこそ物語を素直に楽しめた
>「……ごめん。好き」
>「……はい」

> 辺りが暗くて本当に良かった。
これももうやっばいもうほんとありがとう ありがとうなんかもうありがとう
オチもすごいですねこれ だれうまって感じです そういうオチに持ってたかーって
ここの心理描写も怒涛のように感情が溢れるさまが伝わってきました 胸いっぱいです グッジョブ


>>11春へ
  Aコース  byあづまくだり
お題を消化するためだけな文章って感じがする

>>12昔←→今
  Aコース  by疲労少年
展開が急すぎるwwwwwww
でもなんでか嫌いじゃないなあ 世にも奇妙っぽい世界観とチープなオチが 逆に完成されつくしているような気がした

>>13道
  Bコース  by炬燵でアイス
うまいなあーって 冒頭読んでみて素直にそう思った
言葉が丁寧だし 語り口調のその一つ一つにキャラクターの性格が見え隠れして しかしキャラ押しの感は一切しない すごいよほんと
たぶん 自分はこういうのを書きたいんだろうと思わされた けっこうガチで
段落分けて次の行で主人公の弱さが見え始めて これもうまいなあと思った
次から「君」へ語る文章ではなくなるんだけど この転換のタイミングが好みじゃない 参考にもならないだろうけど思ったから言ってみたw
後半 作者の哲学が入ってきてすげえ好みなんだけど 超絶個人的な感想として会話の描写に入ってからいくらか「」が続くところがやだw
私自身はすごく「」の続く会話には妙に凝っちゃってるから たぶんそのせいです
たぶん 私の書く文章と同じにおいを勝手に感じてるし 自分の理想に近いから 文章の細いところをチクチクしちゃうんだと思う
姑みたいでごめんなさい 作者は作者の好みを全うしてくださいね なかなかよかった グッジョブ

>>14人の下痢路を邪魔する奴は、
  Bコース  byサンサール
こういうの企画であんまりでないよね >>7といいこれといい 結構目新しくて目立ってるんじゃないかな
>「ツザッキーまじヒヤッキーだわ」「ヒヤ顔やめて怖い」
ここがすごい好きwww リアルでいい
最初読んだときはくっそつまんねーとか思ってたけど 読み返したら全然そんなことなかったww ごめんなかなかクセになるwww

>>15枷を -rock'n'roll is not dead-
  Bコース  bypentadeca
あれなんですわ わたしの超個人的以下略だけど こういう主人公オラオラ系がなんかものすごくだめなんですわ
いやでも 熱くてよかった ハードボイルドって感じで荒川のビリー的なさ
オチすげえむなしい 本当にここで終わっちゃっていいの? 作者の都合? ってなんか無駄に感情移入させられたりw 救われてほしかった

>>16ダカラ・モシモ・モウイチド
  Aコース  by……『炎ポケモンに持たせないでください』
oh...って感じ だれも救われないこの作品は何が言いたかったんだろう? 何の変化もない今もほかの人に比べりゃマシってことかな?
読むのが正直苦痛だった なんだろう あえて言ったら続きが気になるって感じかな
ここまで登場人物の境遇をさらけ出しておいて まさかこのままでは終わらないでしょうよ作者さん

>>17天気が良いので死ぬことにした。
  Bコース  by間に合うか。
「死のう」っていう感情に陥ったのはまだいいけど それからすぐ死にに行くその行動力があるのがなんだかぴんとこなかった
それ以外はもうほんと なかなかよかった バシャーモの透き通る青い目を脳内で想像できてしまったもの
バトルシーンも バシャーモが主人公を助けるところもすごい熱かったわ
その前のゴーストポケモンに囲まれてるシチュエーションもその場面の主人公もステキだったし 描写うまいですねホント
ポケモンの考えをわかるっていう設定はよく見るけど わからなくてつらいっていう主人公は初めて見たから 面白い発想だなと思ったよ
オチでぐっとほのぼの路線になって ここもすごく惹かれた 間に合ってよかったね グッジョブ


<総評>
今回のテーマは自分自身全くと言っていいほど自分の満足できるほどのネタが思い浮かばなかったので 投稿しただけでみんな素晴らしいと思う まじで賞讃します まじリスペクトです
投票結果に関しては 思ったよりわたしの想像通りではなかったのでおどろいた
今回の結果は みなさんの文章の能力のレベルがほとんど同じだったから いつも以上に読者の「好み」に依ってるんだろうと思いました
ダントツ一位のレイコさんはほんとすごいと思います!
つぎもたのしみにしてます おわり
  1. URL |
  2. 2011/02/26(土) 21:31:10 |
  3. びすこ #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

企画投票


名前:鹿渡 功労
自作品タイトル:
「飛び出す○○○と地を逝く×××」
「ハガネイロ」
「アラブルアブソル、主人ト離レテ、ブル ブル ブル」


 --投票作品--
金賞:>>3「シンクロケーシィ」
銀賞:>>13「Midnight Mansion」
銅賞1:>>14「MONK」
銅賞2:>>15「きらきら」
銅賞3:>>17「ダルマッカの為に鐘は鳴る」

 --投票理由--
金賞:現代世界とポケモン世界のクロスオーバー。グループからの離別と新しいスタートをきる主人公。テーマもしっかりと捉えていて、いい作品だとすなおにそう思いました。
銀賞:多い文字数に合ったストーリーの細かさに、感服いたしました。ゴーストタイプのポケモンに合った暗い感じがよく出ていると思います。
銅賞1:センチメンタルな過去や白熱の戦闘シーンと起伏に富んだ、いい短編だと思いました。オリジナルの戦術なども良かったです。
銅賞2:探検隊を思わせるコミカルな描写に、ニヤニヤしながら読ませていただきました。進化の儀などの設定なども面白いと思いました。
銅賞3:アニメに繋がるという捉え方でよろしいのでしょうかね? なんだか、心に来るいい話だなと思いました。

 --自由感想欄--
 まずは、この企画を開いていただいた管理人様にありがとうとお礼を述べさせていただきます。
 自分の作品を読んでいただいた方々にも同様にお礼を述べさせていただきます。
 本来ならば、全ての短編に対して感想を述べるべきなのでしょうが、申し訳ありません。今回は、投票とその理由のみとさせていただきます。
 最後に、今回ネタを提供してくださったM氏、T氏には頭が上がりません。本当に、ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2011/05/24(火) 01:06:06 |
  3. 鹿渡 功労 #lc7bE8lw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pokenovel01.blog111.fc2.com/tb.php/2-eb2f4368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ポケノべ企画

Author:ポケノべ企画
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。